メインビジュアル

現地周辺の街並み(約130m)

  • ろくまる公園に寄り添う立地
  • ペデストリアンデッキ直結
  • 駅徒歩5分の価値

街と結ばれ、森をつなぐ、
ただひとつの地に。

TX始発「つくば」駅より
ペデストリアンデッキをわたり徒歩5分。
都市の喧騒が
「ろくまる公園」の深い緑につつまれ、
静寂へと切り替わる一画。
ここにしかない価値を擁する地に、
新たなプロジェクトが生まれる。

  • ろくまる公園に寄り添う立地
  • ペデストリアンデッキ直結
  • 駅徒歩5分の価値
立地概念イラスト

ろくまる公園(徒歩1分・約40m)

ろくまる公園に隣接した、
約半世紀の歴史を持つ官舎跡地。

  • 「つくば」駅から商業施設を抜けペデストリアンデ ッキを渡ると、そこに広がるのは昭和54年に建設され人々の憩いの場となった「ろくまる公園」。園内には東屋やベンチ、遊具に加え、豊かな木々が生い茂り、人々の憩いの場になっています。その公園の隣に「TSUKUBA TERRACE」は誕生します。

  • imege photo

    ろくまる公園 (徒歩1分・約40m)

「ろくまる公園」等のリニューアル計画が進行

  • ろくまる公園(徒歩1分・約40m)
  • 2021年9月16日「TSUKUBA TERRACE」では、魅力ある 街づくりに貢献するため、隣接するろくまる公園などの リニューアルをつくば市とつくばまちなかデザインとの協働で 進める覚書に締結しました。
    筑波大学の准教授のアドバイスや地域の皆様のご意見も取り入れることで、地域の活性化にも寄与する環境づくりを目指します。人々に愛される景観を守り継ぐことで本プロジェクトの価値が高まることが期待されます。

  • 魅力ある街づくり推進タイアップ
    • ろくまる公園及び周辺の
      公共施設の魅力創出
      開発の推進

    • つくば市に関連する計画等
      を考慮した緑化の推進

    • 周辺環境を含めた、
      エリア全体の魅力向上
      資する取り組みの実施

    • 地域に根差した
      持続可能なまちづくり
      向けた取り組みの推進

  • 「TSUKUBA TERRACE」の建設地は、筑波研究学園都市の中心市街地に位置し、昭和50年に建設された国家公務員用宿舎が建てられた吾妻1丁目。約半世紀にわたる住宅地として豊かな生活を築き、住む場所としての成熟を深めてきました。

  • imege photo

    image photo

中心地区の住宅地として開発された吾妻アドレス。
  • 1960年初期から国立試験研究機関の集団移転の必要性を見据え、開発がはじまった「筑波研究学園都市」。1972年に花室地区(現、竹園三丁目)で国家公務員宿舎での入居を初めに、1975年には吾妻、春日、竹園でも宿舎が建設されました。以来、中心地区を代表する住宅地として永く歴史を歩んできました。

  • 吾妻1丁目の風景(1977年撮影) 出典:朝日新聞フォトアーカイブ

    吾妻1丁目の風景 (1977年撮影) 提供朝日新聞社

現地既存樹

現地既存樹

敷地内に植えられた
約46本の樹木を保全。
土地の記憶を次代に継承する取り組み。

  • 緑豊かな環境を次の世代まで受け継いでいくために、敷地内に根ざしたおよそ46本の樹木を保護。森林保全団体の「more trees」をパートナーに迎え、森の再生に努めました。中でも、高さ約19mにおよぶ欅は、エントランスに続く車回しのシンボルツリーに活用。住まいに帰り着く家族を見守る存在として、新たな生命を託しました。

  • imege photo

    image photo

  • ケヤキ

    ケヤキ

  • ヒマラヤスギ

    ヒマラヤスギ

  • マツ

    マツ

    3点ともimege photo

※掲載の現地周辺空撮写真は、2021年6月に撮影したものに一部CG加工を施したもので実際とは異なります。また、現地の位置を表現した光は建物の高さや規模を示すものではありません。

  • ろくまる公園に寄り添う立地
  • ペデストリアンデッキ直結
  • 駅徒歩5分の価値