DESIGN デザイン

エントランスアプローチ完成予想図

FACED DESIGN

FACED DESIGN

外観完成予想図

FACED DESIGN

街に調和する、クラシカルな風格。

外観はクラシカルなアースカラーを基調に、風格ある表情をデザイン。
バルコニー手すりにグレーガラスを用い、凛とした印象を際立たせました。
さらに両サイドに配したダブルマリオンで、建物に立体感と伸びやかさを演出。
この邸宅で紡がれる上質な時間を予感させる、優美な佇まいに仕上げています。

細部にまで美しさが宿る、
表情豊かなマテリアル。

例えば異なるサイズや風合い、色調を組み合わせた外壁タイルなど、細部にまで造り込まれた繊細なマテリアルを選定。時間帯により移り変わる光と影が建物に豊かな表情をもたらし、思わず見上げる堂々たる存在感を生み出します。

細部にまで美しさが宿る、表情豊かなマテリアル。

「緑が彩る都市邸宅」をテーマに、
外観をデザイン。

街のシンボルでもある「花博記念公園鶴見緑地」のほとりという立地に着目し、心地よい緑が彩る都市邸宅をデザインのテーマとしました。敷地いっぱいに建物を建築するのではなく、外構には美しい歩道を整備し季節を感じる植栽をふんだんに施しています。時を重ねて人々に愛され、やがて街の財産となるような独創性の高い住まいの創造を目指しました。

「緑が彩る都市邸宅」をテーマに、外観をデザイン。

APPROACH DESIGN

APPROACH DESIGN

エントランスアプローチ完成予想図

大阪市総合設計制度
採用のゆとり。

総合設計制度とは、敷地内に空地を設けることで良好な地域環境の形成を図るもの。「ルネ鶴見横堤」では建物を包み込むように緑豊かな空地を確保し、潤いあふれる街並み景観の創出に寄与しています。

緑に馴染む、
温かみのある表情を演出。

エントランスアプローチは基壇部としての重厚感をかもし出すダークグレーを基調にデザインしました。味わい深い風合いのレンガ調タイルや自然素材を使用したコンクリート打放しなど木々の緑と心地よく調和するマテリアルを採用しています。

マテリアル

視線の先で
緑がやさしく揺れる
安らぎの迎賓空間。

館内に入ってからも自然を感じていただけるように、ガラス窓で清々しい緑の風景を切り取りました。
さらに空間の一画には自然光が心地いい開放感あるラウンジスペースを配置。
憩いの場としてはもちろん、ゲストとの歓談などにも気軽にご利用いただけます。

MERIT 2

エントランスホール完成予想図

細部にまで美しさが宿る、表情豊かなマテリアル。

常緑樹を中心に、爽やかな風景を描く
50種以上の樹種を植栽。

シンボルツリーには、涼やかな佇まいが印象的なヒメユズリハを選定。さらに歩道を彩るナナミノキやシマトネリコなど常緑樹を中心に、住まう方はもちろん道行く方の気持ちにも安らぎをもたらす、多彩な植栽を計画しています。

「緑が彩る都市邸宅」をテーマに、外観をデザイン。
細部にまで美しさが宿る、表情豊かなマテリアル。

全邸南向き、独立性の
高い角住戸率約66%を実現。

明るく、開放感あふれる住空間にこだわり、全邸のバルコニーを南向きに配置。さらにワンフロアの住戸を3邸のみとし、通風採光に恵まれた角住戸率も約66%を確保しています。住戸前を他の住人が行き来することが少ないため、落ち着いた住環境が保たれます。

※掲載の完成予想図は、設計図書を基に描き起こしたもので、官公庁の指導、施工上の都合等により建物の形状、色調等に変更が生じる場合がございます。また周辺の建物や外構、植栽などは一部省略しているものがあります。

※掲載の情報は2021年8月時点のもので、今後変更になる場合がございます。

CONTACT