PLANNING

家族団らんの笑顔が広がる空間プランニング

リビングポケット

リビングイン学習のススメ。

子どもが家で学習する際、家族の団らんの場となるリビングを使うリビング学習が増えています。 子どもにとって、親が近くにいる・家族の声が聞こえるという環境は安心感を与え、学習に集中しやすい環境となります。「ルネ常盤平さくら通り」は、常にお子さまを見守ることができ、お子さまの疑問や質問に対し、即座に応えてあげる空間をご提案しています。

これなら、お料理やお洗濯など、ママが家事をしながらでもお子さまを見守れるのが良いですね。
上部に吊り戸棚を設置すれば、本棚としても使えます。収納スペースが確保できるよう考えられているのもGOODです。
卓上電気スタンド用のコンセントもあり、明るさなどの細かい配慮までされているのもポイントです。
壁面を向いた設計となっているので、お子さまが勉強に集中しやすい空間となっているのが良いですね。
BPタイプイメージイラスト
ナガラポケット

家事しながらのススメ。

お料理やお洗濯など日々の忙しいストレスから、 お子さまを感情的に叱ってしまうことも少なからずあります。 家事の動線をスムーズにすることで、ストレスを軽減させ、 笑顔でお子さまとの触れあいを増やす空間もご用意しています。

リビングにいるお子さまと会話をしながら、洗濯物を畳んだりアイロン掛けなどをできるのがGOOD。これなら家事をしながらでも、常にお子さまを見守れますね。
DPタイプイメージイラスト
クロークポケット

ファミリーライブラリーのススメ。

リビングの一角に設けたクロークポケットは、家族みんなの共用スペースとしてお使いいただけます。視線を遮るよう工夫されているので、リビング全体としての美観を保てるのが特徴です。視線を仕切る壁の裏は、収納としてなど、多種多様にお使いいただけます。

明るいバルコニー面にあるので、プライベートリビング的な使い方ができるのがとても良いですね。
書斎、ミセスデスク、お子さまのスタディスペースなどに住まう方によって多彩な使い方ができそうですね。
これなら、急な来客の際に、サッと片付くバックヤード収納として活用することもできますね。
天井にランドリーバーを設置すれば、室内の物干しコーナーとしても活用することもできるそうです。
Aタイプイメージイラスト

※掲載の間取りイラストは計画段階の図面を基に描き起こしたもので多少異なります。