DESIGN

この街で生まれ、育った方々にとって最高と思える舞台。
ずっと、もっと愛着をもって暮らせる住まいに。

マリオンという建築デザインを取り入れながら、
豊かな自然と調和する、美しい住まいに。

『ルネ常盤平さくら通り』は、空へと垂直に伸びるマリオンという建築デザインを取り入れ、自然美と建築美が融和した、美しい住まい。
南からの穏やかな光を贅沢なほど招き、大きな空をそのままに感じることのできように。
さらには、さくら通りの桜を眺めながら寛げるよう上層階部分には透明のガラス手摺り、
それ以外の階層にはプライバシーにも配慮した乳白系のガラス手摺りを採用。
ここに住まう方々の未来が、太陽のように、明るく、輝いているものであって欲しい。
空のように、どこまでも大きく、澄み渡る心を持つ人に育って欲しい。
その想いをカタチにしました。

空と桜と緑を、日々の暮らしの中で感じるデザインに。

どこまでも広がる青空。街の景色を一変させる春の桜。
自然の心地良さを常に感じられるよう、敷地の随所に植樹した多種多様な木々。
『ルネ常盤平さくら通り』は、
空〈スカイブルー〉と桜〈チェリーブロッサム〉と緑〈ナチュラルグリーン〉の
3つを意識してデザインしました。
外観のキーカラーは、3色と心地よく調和し、清涼感を醸し出すようホワイトを基調に。
空へと垂直に伸びるマリオンはウッドカラーに。美しく、優しく、
暖かく有り続ける住まいを創造しました。

※掲載の外観完成予想CGは計画段階の図面を基に描き起こした完成予想図と環境写真(平成28年4月撮影)を合成したもので実際とは異なります。 ※一部CG加工を施しております。 ※掲載の写真は棟内モデルルームAタイプ301号室とCwタイプ801号室からの眺望写真を合成したものです。(平成29年7月31日撮影)家具・調度品は販売価格に含まれておりません。 また一部オプション(有償)があり、設計変更(有償)等が含まれております。 ※眺望は各階・各住戸により異なり、今後の周辺環境の変更に伴い将来に渡って保証されるものではありません。