【公式】セキュリティ|ルネ西宮甲子園|総合地所

完成予想図

Structure

いつまでも暮らしを支え続ける、
見えない部分までこだわった
建物構造。

  • 構造ネイキッドイメージ図
    ※概念図につき、実際の仕様・色彩とは異なります。
  • 1外壁・戸境壁

    外壁の厚さはRC150mm以上・ALC100mm以上(一部除く)。隣接住戸との間のコンクリート厚は約200mm以上とします。

    • 外壁
    • 戸境壁
  • 2⊿LL(Ⅰ)‐4等級フローリング材

    足音など階下へと伝わる生活音への配慮として、遮音効果の高いフローリング材を採用しています。

    ⊿LL(Ⅰ)‐4等級フローリング材
  • 3ダブル配筋

    格子状に編んだ鉄筋を主要構造部となる壁に2列に組み入れるダブル配筋。耐震性と耐久性に配慮しています。※一部除く

    4二重壁・二重天井

    コンクリートと木軸の間に伱間を設けて、配線・配管類を敷設。点検・補修を容易にします。

  • 5コンクリートかぶり厚

    建築基準法で定められた必要かぶり厚に約10mmの厚さをプラスしたかぶり厚さを確保。コンクリートの中性化による鉄筋の劣化を抑制します。

  • 6プレストレスト鉄筋
    コンクリート造(PRCスラブ)

    PC鋼線でスラブのたわみを防ぐと共に、室内に小梁が出ない開放的な空間を演出します。

  • 7壁内蔵梁

    住戸間の戸境壁には小梁が出ず、すっきりとした天井・壁面を実現する壁内蔵梁を採用しています。※一部住戸除く

  • 杭基礎

    建物の下に杭を打ち込み、杭の柱先端を支持地盤まで届かせ、杭の摩擦力と支持地盤による反力で建物全体を支える基礎工法を採用しています。

    杭基礎
    基礎杭・地層概念図
  • コンクリートの設計基準強度

    主要構造部分には、設計基準強度約30N/m㎡のコンクリートを採用しました。永きにわたって住まいを守り、安心感を高めます。※付属棟を除く

    コンクリートの設計基準強度
    コンクリート概念図
  • 溶接閉鎖型筋

    鉄筋コンクリート柱の内部に入れる帯筋の継ぎ目をなくして主筋を束ねることで、柱自体の粘り強さを向上させて耐震性を高めています。※付属棟を除く ※中子筋を除く

    溶接閉鎖型筋
    溶接閉鎖型筋
    概念図
  • 住宅性能評価書

    国土交通大臣指定の第三者機関が住まいの性能・品質を評価。設計段階の安全性を確認した設計住宅性能評価書を取得済で、建設住宅性能評価書も取得予定です。

    住宅性能評価書
  • 断熱等性能
    最高等級4を取得(予定)

    住宅性能評価の「断熱等性能等級4」を取得する予定です。環境への負荷を抑制するとともに、高効率の冷暖房を実現して経済性も実現します。

    省エネルギー対策等級
    暖冷房に使用するエネルギーの削減のための断熱化等による対策の程度

    断熱等性能最高等級4を獲得(予定)
    出典:国土交通省住宅局住宅生産課
  • 劣化対策
    最高等級3を取得

    「設計住宅性能評価書」の劣化対策等級において、最高ランクである等級3の評価を受けています。その劣化対策等級3の条件としては水セメント比50%以下、かつ規定のかぶり厚を確保し、コンクリートのひび割れや鉄筋の劣化の進行を遅らせる対策を講じるなど、耐久性を高めています。※付属棟を除く。

    劣化対策等級(構造躯体等)
    構造躯体等に使用する材料の交換等、大規模な改修工事を必要とするまでの期間を伸長するため必要な対策の程度

    劣化対策最高等級3を獲得
    出典:国土交通省住宅局住宅生産課

※掲載の完成予想図は、設計図書を基に描き起こしたもので、官公庁の指導、施工上の都合等により建物の形状、色調等に変更が生じる場合がございます。また周辺の建物や外構、植栽などは一部省略しているものがあります。

※植栽につきましては実際に植樹する樹形、枝ぶり、葉や色合いとは異なる場合があり、特定の季節の状況、入居時期を想定したものではありません。