【公式】エコロジー|ルネ西宮甲子園|総合地所

キッチン

Ecology

日々の快適が
家計のやさしさにつながる、
省エネ設備を採用。

  • エコジョーズの採用で、ガス使用量を軽減

    省エネ給湯器「エコジョーズ」を採用していますので、給湯から暖房、乾燥まで、ガス代が節約でき、あわせて、環境にやさしい暮らしを実現します。

    ecoジョーズ
    給油効率

    ※1

    暖房効率

    ※1

    CO2排出量を年間約11%削減し地球温暖化防止にも貢献CO2排出量を年間約11%削減し地球温暖化防止にも貢献
  • GAS得プラン

    一般のガス料金に比べてお得な「床暖料金(エコジョーズプラン)」が適用されます。さらに、ガス温水浴室暖房乾燥機、ガスコンロ(2口以上)が設置されていますので、お得な「床暖料金」がさらに最大で7%ガス代が割引になります。

    ecoジョーズ
    お得なガス料金
    床暖房・浴室暖房乾燥機が使えてガス代が年間約19,000円もおトク!

※1 上記数値は大阪ガスカタログデータより抜粋

※GAS得プランに関しては従来ご利用のガス機器(ふろ給湯器、ガスコンロ、ガスファンヒーター)、年間ガス使用量609㎥(適用ガス料金:一般料金)、ガス料金:約98,000円※ガス温水床暖房ご利用の際のガス機器(エコジョーズ、ガスコンロ、ガス温水床暖房、ガス温水浴室暖房乾燥機)、年間ガス使用量628㎥(適用ガス料金:床暖房料金エコジョーズプランオプション割引7%)、ガス料金約79,000円※居住面積80㎡・2、3人家族を想定した試算例です。ガス料金は大阪ガスの2019年9月時点単価(消費税率8%、原料費調整額を含む)から、消費税率10%の料金を推定して算出。(おトク額は各社の料金が改定された場合等には変動することがあります。)内容は「大阪ガス株式会社」の試算に基づいております

  • 食器洗い乾燥機

    食器を手で洗った場合の約1/7の水量で洗浄。水道代はもちろん、洗剤の量も抑えることができ、経済的で、環境にも優しいタイプです。

    食器洗い乾燥機

    4~5人コース1回の使用水量 手洗いに比べ1年間の節約

    ※【手洗い】食器40点、小物(はし5膳、スプーン・フォーク各5点)はしは1膳=2点とする/水温約20℃、合計60点を約10Lのお湯(約40℃)でつけ置き。食器・小物に使う洗い&すすぎ水量は約40℃のお湯にして食器:1.35L/点、小物0.55L/点使用。洗剤は1回あたり315ml入り163円(税込)(日本電機工業会調べ)を9.6ml使用。【4~5人コース運転時】食器40点、小物(はし5膳、スプーン・フォーク各5点)、はしは1膳=2点とする/水温約60℃、4~5人コース(洗い~乾燥)で仕上げた場合。洗剤は1箱詰替え用600g入り379円(税込)(メーカー調べ)を5g使用。★ランニングコスト目安単価(税込)●新電力料金目安単価/1kWh=27円(税込)(家電公取協調べ)●ガス料金(都市ガス)1㎥=169円(税込)(メーカー調べ)●水道料金136円/㎥(税込)、下水道使用料金124円/m3(税込)(日本電機工業会調べ)2019年10月現在

  • エコフルシャワー

    少ない水量でも勢いのあるシャワーを可能にした「エコフルシャワー」を採用。普段の使い方で、従来水量(10L/分)と比べて最大35%の節水・省エネ効果を実現します。

    エコフルシャワー

    約35%節約 年間約15,200円おトク

    ※【試算条件】(国研)建築研究所「平成28年省エネルギー基準に準拠したエネルギー消費性能の評価に関する技術情報(住宅)」における「東京・4人世帯」の条件にて算出【比較品】サーモ水栓+シャワーヘッド[最適流量10L/分]【引用元】(国研)建築研究所「平成28年省エネルギー基準に準拠したエネルギー消費性能の評価に関する技術情報(住宅)」及びメーカー基準

  • 節水便器8L洗浄

    従来品※1の約50%という少ない水量でしっかり洗い流せる、家計と環境にやさしい節水便器です。

    年間約10,100円節水

    ※従来品は1987年~2001年商品(C720R)※試算条件:家族4人(男性2人・女性2人)大1回/日・人、小3回/日・人で、水道代265円/㎥(下水道料含む)。消費税率は8%で試算しています。水道使用料金は地域により異なります。(省エネ・防犯住宅推進アプローチブックより)

  • 電気代をお安くする
    「高圧一括受電サービス」

    従来の戸別契約ではなく、マンション全体で使用する電気を電力会社からまとめて購入。これにより、電力会社が定める電気使用料金から8%割引となります。また光BOX+の採用で電気の使用状況をテレビ・パソコンなどの端末で確認できる電気の「見える化」を実現します。

  • 参考写真

  • サーモバスS

    浴槽保温材と保温組フタの“ダブル保温”構造で、お湯が冷めにくい浴槽です。保温構造で光熱費を節約でき、お湯の温度変化も少ないので、入浴時間の異なるご家族でも時間を気にせずに入浴できます。

    ※1測定条件:○周辺環境:10℃±2℃○測定浴槽:サーモバスS(保温組フタ・浴槽保温付)、従来浴槽(巻フタ・浴槽保温なし)○測定箇所:浴槽の深さの約70%の湯量で、湯面から100mm、底面から100mmおよびその中間の3ヵ所の平均値。※2試算条件:サーモバスSはユニットバス周辺温度10℃±2℃の環境下で、4時間後の温度低下が保温なし浴槽:5℃・サーモバスS:2.5℃以下(半年間は温度低下が半分)で、浴槽実用水量:187L、追いだき回数:1回/日、年間入浴日数:335日、ふろ部燃焼効率80%の給湯器で、給湯後4時間後に追い焚きした場合

  • 太陽光発電システム

    太陽光エネルギーを電気に変える「太陽電池モジュール」を屋上に設置。太陽の光から電気をつくり、マンションの共用部分で使用する電気として利用します。

    image
  • 複層ガラス

    2枚のガラスの間に空気層をつくり、室内への外気の影響を低減する複層ガラス。※一部除く

    概念図
    概念図

※室内写真はモデルルーム(H3タイプ・Pタイプ)を2020年3月に撮影したもので、メニュープラン・有償オプション・インテリアオプション(H3タイプ・Pタイプモデルルーム限定仕様含む)が含まれております。なお、家具・照明器具・小物等は販売価格に含まれておりません。一部CG処理を施しています