TEL

現地案内図

物件概要

MENU CLOSE

資料請求

来場予約

ルネ本厚木

共用施設COMMON SPACE

  1. TOP
  2. COMMON SPACE

緑と暖炉を楽しむラウンジ。

美術館を彷彿とさせるシンメトリーな設えのエントランスホールに続くラウンジ。
窓外の緑を眺め語らうためのソファに加え暖炉も配するなど、人と人との温かなふれあいが始まる場所です。
壁・天井の設えが重厚感と落ち着きを演出、その先に広がるくつろぎとやすらぎ、愉しみへの期待感を高めます。
高い天井が奏でる開放感、大判タイルが醸し出す重厚感、そして暖炉のあるラウンジの優雅な品格。
エントランスから奥へと進むほどにONからOFFへと心を解き放つ演出が施され、
穏やかで静かなひとときをお楽しみいただけます。

コーヒーの香りが育むコミュニティ。

エントランスホールの隣に控える、落ち着いたカフェラウンジ。上質なインテリアのある空間で、優雅なひとときを味わうことができます。帰宅後の気分転換、ママ友と気軽なおしゃべりなど様々なシーンに活躍。コーヒーの香りがお住いの方々の交流を誘います。

集いのシーンを演出するパーティルーム。

ABCクッキングスタジオ監修、お料理教室も開ける大型キッチンを設置したパーティールーム。
日比谷花壇がオブジェやアートをコーディネートしています。
お住いの方同士の気軽なホームパーティや趣味の集い、サークル活動にもご利用いただけます。
『食育』を中心に、大人も子どもも集い体験を広げられるスペースです。

食育
子供はもちろん、
大人にも重要な
生涯の営み“食”を学ぶ。
音育
音楽を通して
こころを育てる。
木育
木とふれあい、
木に学び、
豊かな心を育てる。
色育
現代社会での
「生きるチカラ」を
色を使って楽しく育てる。

読育
「読むこと」がすべての
学習の基本。読解力から
思考力を育てる。
知育
将来の財産となる知識を
広め知能を高める。
遊育
“からだ”を使って
遊びの中で健全な
人間を育てる。
眠育
よく眠ることは生きる基本。
健全な生活リズムを育てる。

子供とパパママのためのキッズスペース。

天候に左右されることなく子どもたちが思いきり遊ぶことのできるキッズスペースに、パパママラウンジを併設。
子どもの行動が目に届く場所で、パパママもゆっくり、情報共有しながら過ごせます。
キッズスペースの図書(一部電子書籍)は有隣堂が、玩具や遊具は東京おもちゃ美術館がコーディネート。
『読育』『知育』『木育』『音育』を応援します。

  • ABC Cooking Studi
    http://www.abc-cooking.co.jp/
    パーティールームのデザイン・備品監修。パンや軽食の教室体験チケットを配布(予定)。
  • coleman
    http://www.coleman.co.jp/
    入居者共用のアウトドア用品と一部の防災備品を取り揃え、外遊びの体験を応援(予定)。
  • セブンイレブン
    http://www.itoyokado.co.jp/
    イトーヨーカドーが現地隣に建設(予定)。
  • テンピュール
    https://jp.tempur.com/
    ゲストルームの寝具に採用。快眠のための生活や寝具に関するイベント開催(予定)。
  • 東京おもちゃ美術館
    http://goodtoy.org/ttm/
    キッズルームに玩具や遊具をセレクト。木のチカラで五感を育む”木育“がコンセプト(予定)。
  • 日比谷花壇
    http://www.hibiyakadan.com
    共用部のオブジェやアート・植栽を取り揃え、花育イベント実施(予定)。
  • 有隣堂
    http://www.yurindo.co.jp/
    キッズルームの図書(一部電子書籍)選定。本の読み聞かせイベント実施(予定)。
  • 長谷工コミュニティ
    http://www.haseko-hcm.co.jp
    共用部を利用したイベントやサークル活動等のコミュニティ活動をサポート(予定)。

様々な見識を持つ企業の
コーディネート

「東京おもちゃ美術館」監修による五感を刺激する遊び体験や、
「有隣堂」監修のブックラウンジなど、
様々な見識を持つ多くの企業のコーディネートによって、
コンセプチュアルな共用施設やコミュニティプログラムをご用意。
「ここでしか体験できないこと」をカタチにした住まい。
それが「イクレジ」です。

COORDINATE

様々な見識を持つ企業が
パブリックエリアをコーディネート

敷地概念図上の数字をタッチすると詳細がご覧いただけます。

1 10
2 3 4 5 6 7 8 9 11 12

敷地概念図

  • 1エントランスホール
  • 2ラウンジ
  • 3カフェラウンジ
  • 4パーティールーム
  • 5キッズスペース
  • 6パパママラウンジ
  • 7ゲストルーム
  • 8ランドリー室
  • 9メールコーナー
  • 10カート置き場
  • 11ベンダーコーナー
  • 12アウトドアグッズ貸出

2COORDINATE

さまざまな日常のシーンの中に、 常に新たな花のある生活文化を創造していきたいとの思いを込めて、エントランスホールのシンボルツリーをはじめ共用部に取り揃えた色とりどりのオブジェやアートをコーディネートし、色育をサポートします(予定)。

3PUBLIC TOOL

エントランスホールの隣に控える、落ち着いたカフェラウンジ。上質なインテリアのある空間で、優雅なひとときを味わうことができます。帰宅後の気分転換、ママ友と気軽なおしゃべりなど様々なシーンに活躍。コーヒーの香りがお住いの方々の交流を誘います。

4COORDINATE

パーティールームのデザインや設備の設計・選定などに協力。親子で楽しく料理が作れる空間をつくりました。食べることのしあわせ、作ることのしあわせ、食がもたらす喜びを伝え、食育につながる集いのシーンをサポートします。

5COORDINATE

時を忘れてのびのびと過ごしてほしいという願いのもと、キッズルームの玩具や遊具をセレクト。友達同士・家族間・多世代間で会話が弾み協力し合って遊びたくなるようなおもちゃ、日本のおもちゃ作家のハンドメイド品を通して木育をサポートします。

6COORDINATE

時を忘れてのびのびと過ごしてほしいという願いのもと、キッズルームの玩具や遊具をセレクト。友達同士・家族間・多世代間で会話が弾み協力し合って遊びたくなるようなおもちゃ、日本のおもちゃ作家のハンドメイド品を通して木育をサポートします。

7COORDINATE

ゲストルームの寝具に採用。入居者の眠育をサポート(予定)。

8PUBLIC TOOL

シーツなど大きなものの洗濯・乾燥に便利なランドリー。
nanacoカードで決算可能(一部除く)。

9PUBLIC TOOL

留守でも安心な宅配ボックスをメールコーナーに設置。

11PUBLIC TOOL

外出せずに飲料が買える自動販売機を設置したベンダーコーナー。

12COORDINATE

入居者共用のアウトドア用品を取り揃え、遊育として外遊びの体験を応援(予定)。

株式会社アプティ APTY事業本部長

加藤 貴彦 氏

Q 「ルネ本厚木」のおもちゃのセレクトについて
1)コミュニケーションが豊かになるおもちゃであること
一人遊びもいいけれど、一人よりも二人、二人よりも三人で楽しんでもらいたいです。おもちゃを真ん中に置いて、友達同士、家族間、世代間(祖父母と孫)で会話が弾んだり、協力し合って遊びたくなるようなおもちゃを意識したセレクトにしています。
2)なるべくメイド・イン・ジャパンの木製おもちゃであること
国土の7割以上が森林である世界第2位の森林大国日本。残念なことに日本におけるおもちゃの自給率は3%を割っていると言われており、そのほとんどは海外製(日本のメーカーであっても、製造国が日本でない場合も含む)となってしまっています。豊富な材と代々受け継がれてきたモノづくりの技を次の世代にも感じ取っていただきたいとの想いから、日本のおもちゃ作家のハンドメイド品を意識して多く選んでいます。特に、東京おもちゃ美術館とアプティがおもちゃ作家と連携して進めている木育おもちゃコレクションシリーズ「KItoTEto(キトテト)」は、国産材を日本のおもちゃ作家がおもちゃに仕上げるという正真正銘のメイド・イン・ジャパントイと言えます。
Q コンセプトとの関連性
現代の子どもたちには3間が不足していると言われています。塾や習い事に追われて自分の好きなことに没頭できる時間が少なくなってきていること。思いっきりボール遊びができたり、好きなだけおもちゃを広げて遊ぶことのできる空間が少なくなってきていること。少子化などの影響により、一緒に遊ぶ仲間が少なくなってきていること。つまり、子どもが子どもらしくのびのび過ごすことができにくい世の中になってしまっているのです。本PJ共用空間には、この3間不足解消の一旦を担う存在になることを期待しています。気軽にコミュニケーションがとれる仲間が集い、時を忘れてゆったり過ごせる空間がいつもご入居の皆様に開かれているということが大切だと思います。

店売事業本部 企画開発部 渉外·店舗開発課

日比谷セントラルマーケット

ショップマネージャー

磯野 真一郎 氏

Q 「ルネ本厚木」の本のセレクトについて
分譲マンションは特定の方が何度もお越しになるため、ジャンルの幅は狭くなると思います。情報誌よりは一般の書店に置いていないロングセラー作品などを多くセレクトしたいと考えています。そして、このライブラリーを通して家族の会話が生まれるイメージをもってセレクトしています。ただ、週刊誌等の雑誌も一部入れていければと思っています。ライフスタイル誌やローカル誌などをイメージしています。
Q コンセプトとの関連性
大人も子供も育つレジデンスというコンセプトから、今回のセレクトについては「3世代」「多世代」というイメージを持っています。例えばお父さん、お母さんが昔読んだ本を家族全員で共有することで、家族に会話が生まれ、それが家族の成長につながるような選書をしていきたいと考えています。逆に、子供たちの中で流行っている本を大人と共有する流れもあっていいと思います。世代ごとに存在するロングセラーを多く選書できればと考えています。本を「8育」に当てはめるとすると、勿論「読育」、「知育」ではありますが、全てに関連すると思っています。本はそれぞれのすべてジャンルで存在しますので。

※掲載の完成予想CG及び敷地配置概念図は計画段階の図面を基に描き起こしたもので、形状・色彩等は実際とは異なります。
また、行政指導等により変更になる場合があります。雨樋・軒樋・エアコン室外機・給湯器・給排気口・避難ハッチ・物干金具等は再現されていない場合があります。
また、植栽は実際に植樹する樹形、枝ぶり、葉や色合いとは異なる場合があり、特定の季節の状況、入居時期を想定したものではありません。

※共用部をご利用の際は、管理規約に準じます。また、別途料金がかかる場合があります。

徒歩6分
資料請求 受付中! 来場予約 受付中!