ABINC西宮市初認証西宮仁川の美しい自然と共生するレジデンス。 ABINC西宮市初認証西宮仁川の美しい自然と共生するレジデンス。 Image Photo

子どもたちの未来を、豊かに育んでいくために。

街と住まいが、美しい自然に包まれる歓び。

利便性の高い西宮に位置していながら、美しい自然に恵まれた仁川。
この街に誕生する「ルネ西宮仁川」は、株式会社プレック研究所の監修を受けた「ABINC」認証レジデンスです。
地域に根差した樹種の選定や緑地づくりを行うことで、
数多くの生き物を敷地内へと呼び込みながら、豊かな環境を未来へと引き継いでいきます。
毎日新しい出逢いと発見があり、感性や情緒が育まれていく、そんな嬉しい環境がここにあります。

子どもが自発的に探求心を育め、
感性が磨かれる環境。

豊かな自然が身近にあることは、
子どもたちが健やかに成長するために大切なイメージがあるけれど、
本当はどうなんだろう。
そんな想いへの“ひとつ答え”として、こんな調査結果があります。

子どもの頃のさまざまな体験と、それを通して“自分のもの”になる
資質・能力の関係について、
国立青少年教育振興機構が行った調査(※1)報告です。
それは、【小学校低学年までは友だちや動植物とのかかわりが大切】
そして、【子どもの頃の体験が豊富な大人ほど、やる気や生きがいを持っている人が多い】
子どもの頃の「自然体験」などが豊富な人ほど、
「意欲・関心」や「規範意識」が高い、という調査結果が報告されています。

子どもたちの未来のために、たくさんの「自然体験」ができる環境。
それが、ここ「ルネ西宮仁川」です。
自然の中で、自然と向き合う、新しい暮らしを始めませんか?

※1 出典/国立青少年教育振興機構「子どもの体験活動の実態に関する調査研究」報告書より

Image Photo
Image Photo
ABINC 一般社団法人 いきもの共生事業推進協議会

これは、いきものと人が共生できるしくみを創造し、科学的・技術的に検証の上、事業化推進を目的とする
「一般社団法人いきもの共生事業推進協議会」が、生物多様性の保全を目標に、
環境づくりや維持管理、地域とのコミュニケーションについて評価した物件に与えられるものです。
ルネ西宮仁川は、西宮市の新築分譲マンションとしては初の認証物件となります。

生物多様性外構計画監修
株式会社プレック研究所

ABINCの認証取得をコンサルティング。科学・技術・芸術の3つの領域にまたがって、
プロフェッショナルによる「集団創造」を発揮する環境シンクタンクです。
自然環境との共生を考え、都市再生に役立つ都市計画やまちづくり、公園・緑地や動物園、博物館の設計なども行っています。

近畿圏での主な実績・受賞歴

●近畿圏における水と緑のネットワーク構築推進調査
●淀川環境調査【優良業務事務所長表彰】
●洛南道路宇治川環境調査【優良業務事務所長表彰】
●岸和田市丘陵地区環境調査・環境形成計画等検討
●茨木市環境資源調査・生きもの発見ガイドブック
●淀川河川公園施設広場・野草広場地区等の計画設計
●天王寺動物園爬虫類館・カバ舎・サイ舎の計画設計
  【都市公園コンクール協会長賞ほか】
●大阪市安心あかり公園づくり【2006CLA優秀賞】
●瀬戸内海国立公園六甲地域の利用推進検討調査

1.天王寺動物園における生態展示
2.淀川水辺における体験学習(活動支援)
3.岸和田丘陵地区の市民植樹(運営支援)
Image Photo

西宮仁川の自然環境

“本物の自然”に包まれた環境は、子どもたちの感性も豊かに育みます。

武庫川周辺には、かつてエノキ・ムクノキを主体とする樹林が、河畔林として成立していました。
そうした土地本来の自然環境を、植物を中心として敷地内に再現することで、周辺から多くの生き物を誘致。
自然の移ろいや多彩な生き物との出会いは、人々の心を和らげ、子どもたちの感性も豊かに育んでいきます。
また、環境負荷を低減する“みどりのスクリーン”としての役割も期待できます。

武庫川 武庫川河川敷緑地 武庫川 仁川

敷地内の自然共生スポット

自然とともに暮らすため、いろんな工夫がいっぱい!

その一例をご紹介します。

さまざまな生き物の”つながり”をつくる面積 テニスコート約9面分の広さ

※生物多様性貢献面積(2,414.63m²)をテニスコート面積(約260m²)と比較

専門家と一緒に街と”つながり”をつくる 街並みになじむ住まいづくり!
人と自然の”つながり”を考えるプログラム 自然を学ぶイベントいっぱい!
敷地配置図完成予想図
1 [ケヤキがならぶエントランスアプローチ]
2 [自然の景を作り出す高木・中木・植物]
3 [鳥たちを観察できる”仕掛け”づくり]
4 [さまざまな生き物が生息できる環境づくり]
5 [落ち葉を”すみか”や肥料として使うための集積所]
6 [人と生き物に心地いい環境をつくる緑地]
7 [雨水の貯留槽や浸透を助ける土を採用]
8 [川沿いの草地や畦に見られる草地環境を創出]
8 [生き物の多様さや自然の美しさを感じる花・木]
8 [”多様性”をかなえる低茎と高茎の草地の組み合わせ]
8 [「カワラサイコ」を敷地内で育てる取り組み]
ランドプランイメージイラスト
ランドプランイメージイラスト
TOP