シーフォレスト神戸 ルネ 六甲アイランドCITY
  • "六甲アイランド"について
    教えてください!!

をクリックすると
アンサーがご覧になれます。

Q

"六甲アイランド"とはどんな街ですか?

A

街びらきが行われてから30年を超えて、今もなお人口は増加し、老若男女幅広い世代が暮らしています。
⇒詳しくはこちら

Q

六甲アイランドの特徴は何でしょうか?

A

六甲アイランドのシティヒル内はすべての歩道と車道が分かれている歩車分離設計となっており、お子様やお年を召された方まで安心して通行できる環境が確保されています。また、六甲アイランドでは、年々進む高齢化社会に備え全国でもいち早く「地域包括ケアシステム」が構築されています。

Q

子育てのために、マイホーム購入を検討しています。

A

六甲アイランドは高水準の子育て環境が整っている街だといわれています。六甲アイランドならではの自然あふれる環境が身近にあり、島内には公園が大小あわせて12か所もあります。また、四季折々でのイベント(ウェルカムフェスティバル、RICサマーイブニングカーニバル、ハロウィンフェスティバル…etc)があり、ご家族皆様で楽しんで頂ける催しが盛りだくさんな街です。

Q

六甲ライナーに不安を感じています。不便ではないですか?

A

7時台は計19本・8時台計20本と、通勤時間帯は2~5分間隔で発着しています。また「マリンパーク」駅からの始発5時38分、JR「住吉」駅からの最終電車は24時26分となっております。

Q

スーパーや病院は近くにありますか?

A

グルメシティをはじめ、飲食店が集まるマーケットシーンやトーホーストア(2019年3月オープン予定)もあり、「シーフォレスト 神戸 ルネ 六甲アイランドシティ」の敷地内にも便利なミニショップがございます。また、医療施設に関しては六甲アイランド甲南病院だけではなく、内科や小児科などの日々通院しやすいクリニックなども充実しています。

来場予約はこちらから

来場予約はこちらから

なんでも気軽にお聞きください!

  • "六甲アイランド"の
    防災について教えてください!!

をクリックすると
アンサーがご覧になれます。

Q

六甲アイランドは人工島ですが大丈夫でしょうか?

A

六甲アイランドは、街びらきが行われてから30年が経ち、阪神淡路大震災でも建物倒壊はゼロ。居住エリアにおいては液状化や地盤沈下がほとんど認められておらず六甲大橋も無傷でした。また、六甲アイランドは島全体を高く造成しているため津波発生時の被害は軽微と考えられています。

Q

"六甲アイランド"の災害対策はどうなっているのでしょうか?

A

六甲アイランドと本土をつなぐ六甲大橋は、阪神淡路大震災時に本土と分断することなく、震災を耐え抜いた実績があります。そして、来る南海トラフ大地震に備え、より一層の崩落防止や橋脚の補強、段差防止などの耐震強化措置がとられています。また、暮らしに不可欠な水道、電力、そして通信設備の送管継手部分にはすべて耐震設計のものが用いられております。
⇒詳しくはこちら

Q

「シーフォレスト神戸 ルネ六甲アイランドCITY」の災害時対策を教えてください。

A

敷地内に防災倉庫を設置し、WELL UP(非常時飲料水生成システム)、かまどスツール、非常用マンホールトイレをはじめ、災害発生時にも住まわれる方の生活品質を支えるための非常備品を備えております。
⇒詳しくはこちら

Q

2018年9月 台風21号の被害状況は?

A

六甲アイランドのセンターヒル外周エリアについては、浸水の被害がありましたが本マンションが建設されているセンターヒル内(都市機能内)は、建物内への浸水はなく、もちろん本マンションへの浸水被害・建物被害は一切ございませんでした。

来場予約はこちらから

来場予約はこちらから

なんでも気軽にお聞きください!