健康的な暮らし、毎日を快適に過ごしていただくために。

歴史が立証する「枠組壁工法」のツーバイフォー住宅は、 耐震性と耐久性に優れた住まいです。施工時の品質の確かさも特性です。

ツーバイフォー(2×4)工法は、北米で生れた工法です。 その歴史は19世紀の初めにアメリカの開拓時代の頃と言われています。 当時はバルーン・フレーミング工法(2階までの通し柱に、床、壁を取り付ける方法)と言われるものでした。明治の初め日本に渡来し、札幌時計台もこの工法で建築されました。 その後、プラットフォーム工法(床、壁、天井の6面体を構成し組み立てる。)に変遷し、現在の高質追求のツーバイフォー工法となりました。 北米では90%以上がこの工法によって建てられています。

  • 耐震性
    2×4住宅は6面の壁体構造で、外力に対して強い耐力を発揮します。
  • 耐風性
    近年予測を超える大型台風が襲来。横風に強いのが2×4住宅です。
  • 耐火性
    「木は意外と火に強い」。2×4住宅の枠組壁材が炎の広がりを抑えます。
  • 耐久性
    歴史的建造物で実証された2×4住宅は、耐久性が証明されています。
  • 外圧力の強度比較
    2×4住宅を支えるものは、堅牢な基礎と耐久性を目指します。
  • ベタ基礎(コンクリート造り)
    お掃除が簡単なガラストップ仕上げで、お料理しやすい3口コンロ。全口温度調節付。耐久性に優れています。
  • 基礎ロングパッキン工法
    基礎ロングパッキン工法は隅々まで換気し、末永く快適な暮らしを支えてくれます。
  • 6種類の部材
    ツーバイフォー(2×4)工法と言っても、場所により強度を確保するために6種の骨組部材を使い分けて使用。より安心な住まいづくりを追求しています。

※掲載写真の形状・仕様・色等は一邸ごとに異なる場合がありますので、予めご了承下さい。

※掲載の設備・仕様に関する説明は、メーカー資料又は一般的な表現を用いており、使用状況や環境等により効果は異なります。

※掲載の絵図は本仕様に採用されている構造・設備等をご理解いただく為の概念図です。実際と異なる場合がありますので、予めご了承下さい。

ページ上部へ