首都圏物件一覧
近畿圏物件一覧
グッドデザイン賞

「2020年度グッドデザイン賞」
受賞物件

ルネ横浜戸塚
共用空間「ザ・ルーフ」

ルネ横浜戸塚共用空間「ザ・ルーフ」
SMART WORKING FOR SMART LIVING

働き方が変わる共働き世帯に、集合住宅はどう応えるべきか?

働き方を暮らし方から変える。
新築分譲マンションにおける職・住融合空間「ザ・ルーフ」の創造。

時代背景

増加する共働き世帯に応える集合住宅であるために。

近年、増加の一途を辿る共働き世帯。
昨今はコロナ禍の影響もあってテレワークはますます需要が高まっている。
「ルネ横浜戸塚」は住まいの立場から日本社会に貢献するために
「暮らし方の改革から働き方を改革する」住宅創造を追求した。

外観完成予想CG

プロジェクトコンセプト

「働く」と「暮らす」。
2つのニーズに応えるために。

近年、テレワークの機会が増えているが、
自宅では家族に気兼ねして集中できないケースなども多い。
その問題を集合住宅の共用部で解消するため、
「働く」と「暮らす」の相反する機能を同時に擁する空間創造を模索した。

コワーキング+ラウンジの融合で
理想的なワークライフバランスを
実現した。

新発想の共用空間創造

居住者の誰もが有意義に
利用できる空間の創造へ。

目指したのは「働く」と「暮らす」の2つの機能を擁する、
従来の共用部とは一線を画す空間の創造だった。
この新たな空間は、「老若男女問わず全ての居住者が異なる目的で一つ屋根の下に集う」
という願いを込め「ザ・ルーフ」と命名した。

木造建築の採用で
「仕事・勉強に最適な空間」を実現。

共用棟「ザ・ルーフ」は木材利用技術を活かした木造建築を採用した。
これによりRC造やSRC造とは異なる、カフェのようなリラックス感に満ちた空間を実現。
仕事や勉強に最適な落ち着いて集中できる環境が得られている。

「老若男女問わず一つ屋根の下に集う」という願いから、
共用空間「ザ・ルーフ」を新発想した。

「ザ・ルーフ」のゾーニング

様々な働き方・利用への
対応力を考え、
棟内を8つのゾーンに区分。

「ザ・ルーフ」では様々な働き方への対応や世代ごとの利用目的、
暮らしのサポートなど必要な機能を整理し、棟内を8つに区分。
このゾーニングによって誰もが快適に利用でき、目的が効率よく達成できる空間が実現した。

ゾーニングにより
世代・職種・利用方法を問わない
多機能な空間を実現させた。

<評価されたポイント
~審査員による評価コメント>

集合住宅の共用ラウンジを離れとして計画する案件は多いが、本プロジェクトの共用棟は、
大屋根のかかった木造で、温かみを感じるデザインとなっている。
前面の軒を深くとり、広々としたデッキスペースにはテラス席があって、
まるでカフェのような楽しさがある。
KOKUYOや地元NPOと協同した内部は、子供の読書コーナーからコワーキングスペース、
個室ブースまで8つのエリアがあり、リモートワークの実践にも即した計画となっている。
働き方が大きく変わる時代に、共用ラウンジとコワーキングスペースを融合させた創造は、
今後のひとつの方向性を示していると高く評価された。