• 1、ハイサッシ&扁平梁(一部住戸を除く)

    厚みを抑えた扁平梁を採用し、室内の梁型の出っ張りを縮小するとともに、高さ約2.3mの開放的なハイサッシを採用。

    ハイサッシ&扁平梁

    ■ 光に充たされるリビングを実現。
    ■ 部屋の中から外を眺めたときに感じる開放感。

  • 2、ワイドスパン

    光と風をたっぷり採り入れるために、住戸の間口をできるだけ広く確保。間口を広くすることで、廊下の長さが短くなるプランを可能に。

    ワイドスパン

    ■ 廊下を短くすることで、居室や収納スペースをより広く。
    ■ ワイドスパンにすることでバルコニー面積も広く。

  • 3、アウトポール&扁平柱(一部住戸を除く)

    厚みを抑えた扁平柱と、柱を室外に配置するアウトポール設計を採用。家具も配置しやすいすっきりした居室を実現。

    アウトポール&扁平柱

    ■ 居室のコーナーに凹凸がないから家具配置もすっきり。
    ■ 専有面積に含まれる壁の部分が極力抑えられる。

  • 4、梁内蔵戸境壁(一部住戸除く)

    壁と梁を一体にしました。住戸内に梁型が出ないので、室内空間を広く使用することが出来ます。また、戸境壁も約220m※1の厚さにすることで、遮音性にも配慮しております。※1:一部住戸を除く

    梁内蔵戸境壁

    ■室内に梁型の出ない構造で、すっきりとした伸びやかな空間に。
    ■ 家具の高さに制限を受けづらい。