2017/6/12
ご来場プレゼントキャンペーン開催中!5000円分のギフトカードプレゼント! 来場予約はこちら »
2017/6/12
モデルルーム「平日1時間見学コース」実施中。お仕事帰りや日中の空き時間等、お気軽にご利用ください。 来場予約はこちら »
2017/5/22

5/20(土)より40周年記念キャンペーン開催!
詳しくはこちら »

周辺環境

500m圏の「学住近接」が、家族の安心をはぐくむ。

千歳台6丁目を含む砧地域は、世田谷区のなかでも文教の薫り高いエリア。大学や私立中学・高校、映画撮影所、美術館・ギャラリーなど、多くの教育・文化施設が所在しています。

とりわけ千歳台6丁目は、保育園・幼稚園・小学校・中学校が揃う充実した教育環境を誇っています。明治・大正時代の文豪・徳冨蘆花をはじめとする文学者・芸術家の足跡や、「世田谷文学館」「せたがや子ども文学館」といった文学に触れられる場所にも恵まれ、子どもたちの知性を伸ばし、感性をはぐくむ環境が整っています。


詳細を見る

千歳台6丁目を含む砧地域は、世田谷区のなかでも文教の薫り高いエリア。大学や私立中学・高校、映画撮影所、美術館・ギャラリーなど、多くの教育・文化施設が所在しています。

とりわけ千歳台6丁目は、保育園・幼稚園・小学校・中学校が揃う充実した教育環境を誇っています。明治・大正時代の文豪・徳冨蘆花をはじめとする文学者・芸術家の足跡や、「世田谷文学館」「せたがや子ども文学館」といった文学に触れられる場所にも恵まれ、子どもたちの知性を伸ばし、感性をはぐくむ環境が整っています。

学校が集まる場所に住むことのメリットとは?

学校が集まる場所に住むことのメリットとは?

充実した商店街が、毎日の暮らしを便利に支えてくれる。

商店街を中心に賑わう街、千歳烏山。「えるも~る烏山」は、日本で初めてスタンプ制度を導入した歴史のある商店街。

日々の暮らしに必要なものが揃うだけではなく、地域の人々に愛される老舗や和洋菓子の名店、洗練されたレストラン・カフェやブティックも充実。

また、460以上の多種多様な店舗が並ぶ「ウルトラマン商店街」は、日常の暮らしを支えるさまざまなお店から個性あふれるショップ、温泉まで揃い、さらに人気のグルメスポットも充実。

歩くたびに心弾むひとときを楽しめるとっておきのストリートです。

詳細を見る

商店街を中心に賑わう街、千歳烏山。「えるも~る烏山」は、日本で初めてスタンプ制度を導入した歴史のある商店街。

日々の暮らしに必要なものが揃うだけではなく、地域の人々に愛される老舗や和洋菓子の名店、洗練されたレストラン・カフェやブティックも充実。

また、460以上の多種多様な店舗が並ぶ「ウルトラマン商店街」は、日常の暮らしを支えるさまざまなお店から個性あふれるショップ、温泉まで揃い、さらに人気のグルメスポットも充実。

歩くたびに心弾むひとときを楽しめるとっておきのストリートです。

線路と駅の高架化により、暮らしやすさが高まる「千歳烏山」。

京王線の「笹塚」駅~「仙川」駅間約2.7kmを高架化する事業が進行中。
これにより25か所の踏切道が解消され、7か所の都市計画道路が立体化されて、側道も整備。
「千歳烏山」駅は高架駅として新しく生まれ変わります。

詳細を見る

京王線の「笹塚」駅~「仙川」駅間約2.7kmを高架化する事業が進行中。
これにより25か所の踏切道が解消され、7か所の都市計画道路が立体化されて、側道も整備。
「千歳烏山」駅は高架駅として新しく生まれ変わります。

武蔵野台地に育まれた豊富な緑量を誇る世田谷区。

永住に適う安定した武蔵野台地。

家族が末永く安心して暮らせる場所であるかどうか。その大前提となるのが、住まいを支えるしっかりした地盤があること。

「ルネ世田谷千歳台AYUMIE」の足元に広がる武蔵野台地は、多摩川の流れによってつくられた扇状地を、火山灰が降り積もってできた関東ローム層が覆い、安定した良好な地盤が形成されています。長い年月に育まれた武蔵野台地は、地震にも比較的強いので安心です。

詳細を見る

家族が末永く安心して暮らせる場所であるかどうか。その大前提となるのが、住まいを支えるしっかりした地盤があること。

「ルネ世田谷千歳台AYUMIE」の足元に広がる武蔵野台地は、多摩川の流れによってつくられた扇状地を、火山灰が降り積もってできた関東ローム層が覆い、安定した良好な地盤が形成されています。長い年月に育まれた武蔵野台地は、地震にも比較的強いので安心です。

緑と水と共に生きる環境共生都市へ、「世田谷みどり33」を推進。

詳細を見る

世田谷区は、東京23区のなかでも緑が多いエリアとして知られています。さらに平成44年の区制100周年に向けて、世田谷区の「みどり率」を33%まで増やそうと「世田谷みどり33」という取り組みを推進中。この取り組みによって、今ある緑と水を守り育てるとともに、さらなる緑化や水辺の再生などに努め、いちだんと潤いあふれる環境共生都市・世田谷を実現しようとしています。

住居系の用途地域が90%を超えるのは、東京23区で世田谷区だけ。

地域の住環境を大きく左右する要素のひとつに、「用途地域」があります。用途地域は大きく「住居系」「商業系」「工業系」に分かれ、それぞれに建物の用途や建て方のルールが定められています。なかでも住居系は、規模の大きな商業施設や工場などが建てられないなど、住居にふさわしい良好な環境を守るためにさまざまな制限が設けられています。世田谷区は東京23区で唯一、住居系の用途地域が90%を超え、まさに“住むための区”と言えます。

詳細を見る

地域の住環境を大きく左右する要素のひとつに、「用途地域」があります。用途地域は大きく「住居系」「商業系」「工業系」に分かれ、それぞれに建物の用途や建て方のルールが定められています。なかでも住居系は、規模の大きな商業施設や工場などが建てられないなど、住居にふさわしい良好な環境を守るためにさまざまな制限が設けられています。世田谷区は東京23区で唯一、住居系の用途地域が90%を超え、まさに“住むための区”と言えます。

東京23区のなかでトップクラスの豊かな緑量を誇る世田谷区。

世田谷区の緑の豊かさを裏付けているのが、生産緑地の多さと、緑に覆われた土地の面積割合である「緑被率」の高さです。生産緑地の面積は練馬区に次ぐ96.85ha。緑被率も、東京23区のなかで第2位を誇っています。

詳細を見る

世田谷区の緑の豊かさを裏付けているのが、生産緑地の多さと、緑に覆われた土地の面積割合である「緑被率」の高さです。生産緑地の面積は練馬区に次ぐ96.85ha。緑被率も、東京23区のなかで第2位を誇っています。

SUUMO 住みたい街 行政市区ランキング

ファミリー層を中心に好感度が高く、多くの人が“住みたい”と憧れる世田谷区。

詳細を見る

「住みたい街ランキング2015」の行政市区部門で、世田谷区が堂々の第1位となりました。東京23区最多の人口ながら、人口密度は13番目というゆとりある街並みに、公園や緑道などの豊かな緑が潤い、都心直結の鉄道路線や暮らしの足となるバス便も充実するなど、住環境の良さが評価されています。

※表示距離は現地からの地図上の概算で、徒歩分数は80mを1分として算出し、端数を切り上げております。
※掲載の環境写真は、平成27年10月に撮影したものです。
※SUUMOホームページ 「住みたい街 行政市区ランキング2015」より
調査期間:2015年1月23日(金)?2015年1月26日(月)/調査対象:関東(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県)在住の20歳?49歳の男女/調査方法:インターネットによるアンケート調査※「住みたい街(駅)」の回答は、沿線を選んだ後、駅を選んでもらう選択方式。
※「住みたい街(駅)」の対象駅は、以下の都府県に所在する駅を対象としています。1都4県(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県)/有効回答数:総計3000名※シングル、DINKS、ファミリー各1000名(うち男女各500名)/調査実施機関:株式会社マクロミル本調査における調査対象者の世帯構成の定義
シングル・・・配偶者がいない/子どもが同居していない/一人暮らし(同居家族・同居人はいない)/父・母・義父・義母、祖父・義祖父・義祖母、兄弟・姉妹と同居/就業状況は問わない
DINKS・・・配偶者が同居している/配偶者以外の同居人はいない/夫婦ともに就業中
ファミリー・・・配偶者が同居している/子どもが同居している/配偶者と子ども以外の同居人は問わない/就業状況は問わない
※本調査時の回答データを、1位3点、2位2点、3位1点として、数値化しております。そのなかで一定のポイントを獲得した情報を掲載しています。※表示されている沿線名について、複数路線が乗り入れている駅の場合は得票数が最も多かった沿線名を表記しています。