2017/10/6
3LDK新モデルルームオープン! 来場予約はこちら »
2017/10/6
【毎週日曜開催】地元ママによる地域情報相談サービス開催中! 来場予約はこちら »
2017/10/6
ご来場プレゼントキャンペーン開催中!地元有名菓子プレゼント! 来場予約はこちら »
2017/10/6
モデルルーム「平日1時間見学コース」実施中。お仕事帰りや日中の空き時間等、お気軽にご利用ください。 来場予約はこちら »
2017/9/28

総合地所40周年記念キャンペーン開催中!
詳しくはこちら »

千歳(ちとせ)一遇の世田谷

緑を誇り、緑に安らぐ。ここは格別な世田谷、潤いの街。

安穏寺

由緒ある寺とともに歴史を重ね、村役場がおかれていた千歳台6丁目界隈。

千歳台6丁目

近隣の学校

500m圏「学住近接」が、家族の安心をはぐくむ。

保・幼・小・中・高のすべてが500m圏内に揃った“学住近接”立地。

近隣の学校

「千歳台6丁目」地区計画内。求められる安心に街は護られる。

目の前は、電柱のない美しい景観が守られた並木道。通行時の安全性・快適性や防災性も向上。

既存樹木を継承し、
“現代の御屋敷”を描く、恩恵の邸。

デザインの詳細はこちら

緑を誇り、緑に安らぐ。ここは格別な世田谷、潤いの街。

詳細を見る

「千歳烏山」駅周辺の喧騒を通り抜け、住宅街へと歩を進める。賑わいが遠ざかり、静けさが深まっていく、その先に広がる千歳台6丁目。
緑多き世田谷区にあって、ここは、ひときわ成熟した潤いに包まれる格別な区域。大通りにはケヤキやヒマラヤスギ、サクラの街路樹が大きく枝を広げ、四季の彩りを添えている。周辺には、武蔵野の面影が残る「蘆花恒春園」の憩いや、仙川のほとりに広がる「祖師谷公園」の安らぎ。
どこまでも心地よく、どこまでもやさしい、とっておきの世田谷がここにある。

由緒ある寺とともに歴史を重ね、村役場がおかれていた千歳台6丁目界隈。

安穏寺

詳細を見る

千歳台6丁目の周辺には、昔からこの街を見守ってきた寺が存在する。「東覚院」は、正応元年(1288年)に端を発すると伝えられている古寺。永禄元年(1558年)に大願寺と号した頃から、周辺に民家が建ちはじめたという。「安穏寺」は17世紀頃に創建されたといわれ、武家屋敷風の佇まいは「せたがや百景」に選出されている。また、現在の東京中央農協千歳支店の敷地は、かつて千歳村役場がおかれていたところ。このあたりが村の中心部であったことが窺える。

500m圏「学住近接」が、家族の安心をはぐくむ。

周辺の空撮

詳細を見る

千歳台6丁目を含む砧地域は、世田谷区のなかでも文教の薫り高いエリア。
大学や私立中学・高校、映画撮影所、美術館・ギャラリーなど、多くの教育・文化施設が所在している。とりわけ千歳台6丁目は、保育園・幼稚園・小学校・中学校が揃う充実した教育環境を誇っている。
明治・大正時代の文豪・徳冨蘆花をはじめとする文学者・芸術家の足跡や、「世田谷文学館」「せたがや子ども文学館」といった文学に触れられる場所にも恵まれ、子どもたちの知性を伸ばし、感性をはぐくむ環境が整っている。

保・幼・小・中・高のすべてが500m圏内に揃った“学住近接”立地。

周辺の学校

詳細を見る

千歳台6丁目にあるのは、世田谷区で一番古い区立幼稚園として知られる「塚戸幼稚園」、創立140周年を迎えた「塚戸小学校」、そして50年以上の歴史を持つ「千歳保育園」「千歳中学校」。さらに「都立芦花高等学校」が隣接し、そのすべてが「ルネ世田谷千歳台」から500m圏内。お子さまを育てるご家族にうれしい「学住近接」の地であり、落ち着いた環境に包まれて暮らしてゆける舞台でもある。

「千歳台6丁目」地区計画内。求められる安心に街は護られる。

詳細を見る

かつて、青山学院大学の緑豊かなキャンパスが広がっていた千歳台6丁目。
その移転に際し、良好な環境を守り継ぐために、「千歳台六丁目地区」地区計画を制定。
子どもたちが安全に通学できる道路が整備されたのをはじめ、建築の制限や緑化、既存樹木の保全など、誰もが安心して快適に暮らせる、ゆとりと潤いのある街づくりが進められている。また、千歳台6丁目には教育施設とともにスーパーマーケットや交番も所在しているが、ほぼ全域が、工場・大規模商業施設・遊戯施設等が建てられない第一種中高層住居専用地域。周囲は建物の用途や規模について最も厳しい制限が設けられた第一種低層住居専用地域に囲まれ、日々の暮らしやすさと、永住に適う住環境が護られている。

現地前の並木道

目の前は、電柱のない美しい景観が守られた並木道。
通行時の安全性・快適性や防災性も向上。

詳細を見る

「ルネ世田谷千歳台」の北側に接する道路は、無電柱化によって美しい街並みを実現している。電柱をなくすことで、景観の向上のみならず、人と自転車が安全・快適に通行できるゆとりある歩道空間を確保。さらに地震や台風等の災害時に電柱が倒壊したり、救援活動を妨げることもなく、防災面での安心も確保されている。また、この道路は緊急輸送道路に指定され、地震発生後の緊急輸送を円滑に行うという役割も担っている。

外観完成予想CG

既存樹木を継承し、“現代の御屋敷”を描く、恩恵の邸。

デザインの詳細はこちら

※掲載の外観完成予想CGは計画段階の図面を基に描き起こしたもので、実際とは異なります。雨桶、エアコン室外機、給湯器、TVアンテナ等再現されていない設備機器等がございます。家具、照明器具、調度品等は実際に設置されるものと異なる場合があります。植栽は特定の季節やご入居時の状況を想定して描かれたものではありません。
※表示距離は現地からの地図上の概算で、徒歩分数は80mを1分として算出し、端数を切り上げております。
※掲載の環境写真は、平成27年10月に撮影したものです。
※掲載の航空写真は平成27年年11月に撮影されたものです。
※1:現地より約180m ※2:現地より約100m ※3:現地より約280m ※4:現地より約450m ※5:現地より約460m