開放感に配慮したV字配棟と
四季に彩られるランドスケープを実現。

丘ならではの眺望を専有部に取りこむために、追浜の豊かな緑を望む南西向き・深浦湾に臨む東向きの2面に分節したV字型の配棟を実現。また、敷地内には丘を包む既存林と調和する豊かな植栽を施しました。高木のシマトネリコやヤマモモ、ノムラモミジやモチノキが心地よい葉陰をつくり、さらにツツジなどの草花が四季の移ろいを身近に感じさせてくれます。

リゾート感を演出するガラスと白タイル。青空と深緑に際立つ洗練された意匠を。

新たに生まれる「ザ・ヒルトップヴィラ ルネ追浜」は、外観に空の青さと森の緑に映えるスタイリッシュな白基調のタイルを採用。 さらにバルコニーはガラス手摺りを多用することで、透明感と開放感を追求しました。また、アースカラーのタイルをアクセントとすることで、大地に根付く丘の街としての安定感と街並との一体感にも配慮。住まいとしての落ち着きと品格を描き出します。

意匠が美意識を語りかけてくるエントランス。

訪れる方をお招きする華やかさと住まう方を包み込む落ち着き。エントランスには、邸宅としての品格と美意識を求めました。 奥行きを設け、前庭を設えることで住まいの第一印象としての景観を演出。 館銘板をあしらった厳かなデザインウォールがアイストップとなり、入り口に目を向ければ洗練の趣きが垣間見え、その先の上質さへの期待を高めてくれます。

品格と落ち着きが漂うデザイン空間へ。

共用部に求めたのは迎賓の思想。一日が終わり、辿り着いた安堵感や大切な方をもてなす空間として仕上げることで住まいとしての美しさや優しさを追求しました。ゆったりと寛げる開放感の中に繊細なデザインを施して。心癒やされる日常をここに描き出します。

天井と壁の光の演出が印象的なエントランスホール。ぬくもりある光が石と木目調のマテリアルを照らす、静けさと安らぎが漂う空間として仕立てました。その一画には落ち着いた応接セットも。地窓から垣間見える植栽の緑と共にギャラリーのような気品ある雰囲気を形成しています。

建物の内と外、2方向からアプローチできるゲストルーム。室内はアメリカ西海岸スタイルをコンセプトにナチュラルな木目調の装いで統一。屋外との一体感とリゾートテイストを感じながら大切な方にゆったりとくつろいでいただける、ホスピタリティあふれる空間です。

※掲載の完成予想図は計画段階の図面を基に描き起こしたもので実際とは異なります。植栽は特定の季節の状況を示すものではありません。尚、竣工時には完成予想図程度には成長しておりません。

※第Ⅲ街区「ザ・ヒルトップヴィラ ルネ追浜」のコーストヴィラ(ゲストルーム)は「ルネ追浜」ご入居者であれば、お住まいの街区に関わらずご利用いただけます。

※共用施設のご利用方法は管理規約によります。サービスに伴う費用や共用施設の利用料等はご利用者のご負担となります。

ページ上部へ