確かな強さで支えてくれる建物構造。

  • 強固な地盤だからできる直接基礎
    ルネ追浜は良質な地盤の丘の上にあり、地表面近くの支持層が直接建物を支持しています。※一部杭基礎を採用しています。 ※基礎形状は部位によって異なります。
  • コンクリート強度
    設計基準強度を30N/m㎡として耐久性の高いコンクリートを使用しました。※一部除く。
  • 溶接閉鎖型筋
    柱の帯筋には、地震の横揺れに高い耐震性を発揮する溶接閉鎖形を使用。
  • ダブル配筋(一部除く)
    外壁と床にはコンクリートの中に鉄筋を二重に配し、ひび割れを生じにくくしました。
  • 妻外壁・戸境壁
    外部に面した妻壁厚は約180mm。断熱材を使用し、冬場の結露を抑制します。戸境壁は隣り合う住戸からの音に配慮し、約200mm以上の厚さを確保しました。。
  • アンボンド工法
    床スラブ内に鋼線を通して強度を保ち、コンクリート内のたわみやひび割れを防ぐPRCアンボンド工法を採用。天井を小梁で支える必要がなくなり、すっきりとした住空間を実現します。※C5、C15typeを除く
  • 梁内蔵戸境壁(一部除く)
    壁の中に梁を内蔵した構造で、梁型のないすっきりした住空間を実現します。
  • 住宅性能評価
    国土交通大臣が定める第三者機関による審査を経て、住宅品質が公正かつ客観的に評価される住宅性能評価に対応しています。
神奈川県建築物環境性能表示

ページ上部へ